Research

論文

  1. 1.Tomoyuki Nagami, Jun Morohoshi, Takatoshi Higuchi, Hiroki Nakata, Shigeto Naito, Kazuyuki Kanosue. The Spin on Fastballs Thrown by Elite Baseball Pitchers. Medicine & Science in Sports & Exercise. 43(12):2321-2327. 2011.

  2. 2.清水聖志人, 永見智行, 森山倫良, 佐藤満, 女子レスリング世界王者におけるタックル処理時間と動作の特徴.コーチング学研究.25(2):177-187. 2012.

  3. 3.樋口貴俊, 永見智行, 宮本直和, 彼末一之, 野球打撃前に行う加重したバットでの素振りがバット速度と正確さに及ぼす影響.東京体育学研究. 4:17-22. 2012.

  4. 4.Tomoyuki Nagami, Takatoshi Higuchi, Kazuyuki Kanosue, How Baseball Spin Influences the Performance of a Pitcher. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2(1):63-68. 2013.

  5. 5.Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Nobuaki Mizuguchi, Tim Anderson. The Acute and Chronic Effects of Isometric Contraction Conditioning on Baseball Bat Velocity. Journal of Strength & Conditioning Research. 27(1):216-222. 2013.

  6. 6.Takatoshi Higuchi, Jun Morohoshi, Tomoyuki Nagami, Hiroki Nakata, Kazuyuki Kanosue. The Effect of Fastball Backspin Rate on Baseball Hitting Accuracy. Journal of Applied Biomechanics. 29:279-284. 2013

  7. 7.Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Jun Morohoshi, Hiroki Nakata, Kazuyuki Kanosue, Disturbance in Hitting Accuracy by Professional and Collegiate Baseball Players Due to Intentional Change of Target Position. Perceptual and Motor Skills. 116(2):627-639. 2013.

  8. 8.Hiroki Nakata, Tomoyuki Nagami, Takatoshi Higuchi, Kiwako Sakamoto, Kazuyuki Kanosue. Relationship between performance variables and baseball ability in youth baseball players. Journal of Strength & Conditioning Research. 27(10):2887-2897. 2013.

  9. 9.Tomoyuki Nagami, Takatoshi Higuchi, Kazuyuki Kanosue. The spin on a baseball for eight different pitches thrown by an elite professional pitcher. In: Kanosue, K. et al. (eds.) Sports Performance. Springer, pp. 323-334. 2015

  10. 10.Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Kazuyuki Kanosue. Baseball Hitting Accuracy and Contributing Factors. In: Kanosue, K. et al. (eds.) Sports Performance. Springer, pp. 335-351. 2015

  11. 11. Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Hiroki Nakata, Kazuyuki Kanosue. Contribution of Visual Information about Ball Trajectory to Baseball Hitting Accuracy. PLoS ONE. 11(2):e0148498. 2016

  12. 12. Tomoyuki Nagami, Takatoshi Higuchi, Hiroki Nakata, ToshimasaYanai, Kazuyuki Kanosue. Relation between lift force and ball spin for different baseball pitches. Journal of Applied Biomechanics. 32(2):196-204. 2016

  13. 13. 永見智行, 木村康宏, 彼末一之, 矢内利政, 野球投手が投じる様々な球種の運動学的特徴.体育学研究.61(2):589-605. 2016  http://dx.doi.org/10.5432/jjpehss.16021

  14. 14. 近田彰治, 永見智行, 矢内利政, 腱板筋群のストレッチによる投球動作における肩甲上腕リズムの縦断的変化. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 37(1):68-75. 2017

  15. 15. Daichi Yamashita, Hiroshi Arakawa, Takuma Arimitsu, Takahiro Wada, Kenichi Yumoto, Kotaro Fujiyama, Tomoyuki Nagami, Seshito Shimizu. Physiological Profiles of International- and Collegiate-Level Japanese Male Freestyle Wrestlers in the Lightweight Classes. International Journal of Wrestling Science. vol.7. 21-25. 2017
    https://doi.org/10.1080/21615667.2017.1341572

  16. 16. Takatoshi Higuchi, Tomoyuki Nagami, Hiroki Nakata, Kazuyuki Kanosue. Head-eye movement of collegiate baseball batters during fastball hitting. PLoS ONE. 2018.
    https://doi.org/10.1371/journal.pone.0200443

学会発表

  1. 1.大室康平,坂元龍斗,永見智行,大部隆志,長谷川伸,野村徹,彼末一之,「野球のバットスイングの解析 : 速さか安定性か」,日本機械学会ジョイント・シンポジウム, No04-26,pp108-112,2004年

  2. 2.小関泰広,狩野宗徳,子安大士,前川仁,永見智行,茶川剛士,大室康平,彼末一之,「野球のピッチングにおけるボールの画像解析」,日本機械学会ジョイント・シンポジウム,No07-24,pp91-96,2007年

  3. 3.永見智行,大室康平,茶川剛史,勝亦陽一,小林海,彼末一之,氏原洋輔,子安大士,前川仁,小宮山悟,「実投球されたプロ野球投手のボール回転について」,第59回日本体育学会,05-10-8LBY-22,東京,2008年9月

  4. 4.水口暢章,永見智行,福永浩介,木俣尚也,村岡哲郎,坂本将基,彼末一之,「道具を扱う運動イメージに皮膚感覚が及ぼす影響」,第59回日本体育学会,04-11-8LBY-2,東京,2008年9月

  5. 5.福永浩介,永見智行,茶川剛史,水口暢章,村岡哲郎,坂本将基,彼末一之,「ライフル射撃選手の足圧中心動揺の測定」,第59回日本体育学会,04-11-8LBY-3,東京,2008年9月

  6. 6.永見智行,彼末一之,諸星潤,大室康平,茶川剛史,勝亦陽一,氏原洋輔,子安大士,前川仁,「一人のプロ野球投手が投げる8種類の投球のボール回転」,日本機械学会ジョイント・シンポジウム,No08-23,pp108-111,2008年

  7. 7.氏原洋輔,子安大士,前川仁,永見智行,大室康平,彼末一之 ,「動画像を用いた実投球ボールの画像解析」,日本機械学会ジョイント・シンポジウム,No08-23,pp78-82,2008年

  8. 8.五味宏生,磯繁雄,小林海,永見智行,彼末一之,「短距離,長距離走者における400m走中の下肢筋電図と動作の関係」,第21回日本トレーニング科学会大会,1-038,東松山,2008年12月

  9. 9.永見智行,坂本将基,村岡哲郎,彼末一之,「投手のボールコントロールを決定する手の動作」,第64回日本体力医学会大会,P-2-241,新潟,2009年9月

  10. 10.沼田洋行,氏原洋輔,子安大士,前川仁,永見智行,彼末一之,「実投球ボールの軌道推定と回転の解析」,第8回情報科学技術フォーラム,H-043,宮城,2009年9月

  11. 11.永見智行,諸星潤,彼末一之,「野球投手のボールリリース時の手・指の動作とボールコントロールの関係」,日本機械学会ジョイント・シンポジウム,2009年12月

  12. 12.永見智行,矢内利政,彼末一之,「野球投手のリリース前後の手指の動作とボール回転の関係」,第21回日本バイオメカニクス学会,29OS303-12,東京,2010年8月
    ※奨励賞(応用部門)受賞

  13. 13.永見智行,諸星潤,樋口貴俊,彼末一之,「一流野球投手のボール回転の解析」,第61回日本体育学会,05バ-3A-K10,愛知,2010年9月

  14. 14.樋口貴俊,永見智行,諸星潤,彼末一之,「直球の回転速度が打撃パフォーマンスにもたらす影響」,第61回日本体育学会,05バ-2A-P21,愛知,2010年9月

  15. 15.永見智行,樋口貴俊,諸星潤,矢内利政,彼末一之,「野球投手の手指の動作ーボール回転ー軌道の解析」,スポーツアンドヒューマンダイナミクス2010,A9,東京,2010年11月

  16. 16.樋口貴俊,永見智行,諸星潤,中田大貴,彼末一之,「直球のボール回転速度が打撃正確性に及ぼす影響」,スポーツアンドヒューマンダイナミクス2010,A13,東京,2010年11月

  17. 17.清水聖志人,永見智行,森山倫良 「女子レスリング世界王者におけるタックル処理時間と動作の特徴」,第18回日本運動・スポーツ科学学会大会,東京,2011年6月

  18. 18.T Nagami, T Higuchi, T Yanai, K Kanosue, “The individual difference in fastball trajectory and ball spin in baseball pitching”, ISB2011, 1057, Brussels, 07/2011

  19. 19.T Higuchi, T Nagami, K Kanosue,  “Maximal Voluntary Isometric Contraction Training for Baseball Bat Swing: Acute response and long term adaptation to isometric conditioning activity.”, 34th National Strength & Conditioning Association National Conference, Poster16, 07/2011

  20. 20.T Nagami,  “The kinematics of hand and fingers to determine the spin rate of baseball fastball” The 5th International Sport Science Symposium on Active Life, Tokyo, 08/2011

  21. 21.永見智行,樋口貴俊,矢内利政,彼末一之 「野球投手の技術向上に向けたボール回転と飛翔軌道の解析」,第62回日本体育学会, 05バ-26-ポ-40, 2011年8月

  22. 22.樋口貴俊,永見智行,彼末一之「野球打撃のバットコントロール能力とタイミング把握能力の解析」,第62回日本体育学会,05バ-26-ポ-27, 2011年8月

  23. 23.渡辺光,子安大士,前川仁,永見智行,彼末一之「実投球ボールの画像解析における陰影の影響低減法について」,第10回情報科学技術フォーラム,H-050, 2011年9月

  24. 24.子安大士,沼田洋行,前川仁,永見智行,彼末一之「複数カメラによる実投球ボールの画像解析」,第10回情報科学技術フォーラム,H-065, 2011年9月

  25. 25.永見智行,矢内利政,彼末一之「野球投手が投じる変化球の回転の特徴」第22回日本バイオメカニクス学会,O2-B04,北海道,2012年9月

  26. 26.永見智行,樋口貴俊,矢内利政,彼末一之「野球投手が投じる様々な球種の飛翔軌道を決定する要因」 スポーツアンドヒューマンダイナミクス2012,110,愛知,2012年11月

  27. 27.K Kanosue, T Nagami, T Higuchi, H Maekawa, T Yanai, “Baseball spin and Pitchers’ Performance” ISBS2013, Applied session:Topic 4, 07/2013

  28. 28.永見智行,矢内利政「投手が実現可能なボールの回転と投球フォームの関係」日本野球科学研究会第1回大会,滋賀,2013年8月

  29. 29.永見智行,矢内利政,彼末一之「投球動作におけるボールリリース位置の球種間差とボール回転の特徴」日本体育学会第64回大会,05バ-30-口-21,滋賀,2013年8月

  30. 30.T Nagami, S Konda, T Yanai, “Longitudinal changes in performance outcome and shoulder configuration of baseball pitching: A preliminary report” The 9th International Sport Science Symposium on Active Life, Tokyo, 11/2013

  31. 31.木村康宏,永見智行,矢内利政「野球の投手が投じる様々な変化球の特徴~ボール移動速度、回転速度、回転軸の向きに着目して~」東京体育学会第5回大会大会,19,東京,2014年3月

  32. 32. 近田彰治,永見智行,矢内利政「腱板筋群のストレッチによる投球動作における肩甲上腕リズムの変化〜大学生野球投手を対象とした縦断的研究」第23回日本バイオメカニクス学会大会,O4-B4,東京,2014年9月

  33. 33. 永見智行,矢内利政「“キレがある”と評される直球の特徴〜大学野球投手を対象として〜」日本体育学会第66回大会,05バ-26-口-09,東京,2015年8月

  34. 34. D Yamashita, H Arakawa, T Wada, K Yumoto, K Fujiyama, T Nagami and S Shimizu. “Whole body mechanics of Japanese elite and non-elite male wrestlers during a tackle” American Society of Biomechanics 39th Annual Meeting, Ohio, 8/2015

  35. 35. 城所収二,永見智行 近田彰治,矢内利政「ソフトボールの打撃で飛翔中に打球の軌道を変化させるインパクト特性」スポーツ工学・ヒューマン・ダイナミクス2015,滋賀,2015年10月

  36. 36. 山下大地,荒川裕志,和田貴広,湯元健一,藤山光太朗,永見智行,清水聖志人「国内一流男子レスリング選手における両脚タックル動作の特徴」第24回日本バイオメカニクス学会大会,2016年9月

  37. 37.  永見智行, 木村康宏, 彼末一之, 矢内利政 「様々な球種の運動学的特徴 -移動スピード,回転スピード,回転軸の向きに着目して-」日本野球科学研究会第5回大会,神戸,2017年12月

  38. 38. 勝亦陽一, 大室康平, 鵜瀬亮一, 永見智行「「個・主体性」を重視した野球の実践事例」日本野球科学研究会第5回大会,神戸,2017年12月

  39. 39. 工藤大志, 見目智紀, 助川浩士, 永見智行, 渡邊裕之「海老名市少年野球肘検診での関わり」 第30回日本ハンドセラピィ学会学術集会,東京,2018年4月

講演


  1. 1.「科学的な視点から野球を考える」埼玉野球シンポジウム,さいたま,2008年1月

  2. 2.「投球されたボールの回転数や速度の変化,および回転軸の傾き度合いがもたらすボール軌道の変化:Spin axis and ball trajectory」第24回日本トレーニング科学会大会,東伏見,2011年11月

  3. 3.「ボールのノビ,キレとはなにか?~回転速度と回転軸の向きから考える~」
    平成25年度第8回奈良女子大学スポーツ科学研究会,奈良,2014年3月

  4. 4.「投手が投じるボールの回転の実際 〜どう変えられるか〜」
    日本野球科学研究会第3回大会シンポジウムII:変化球を科学する,名古屋,2015年12月

  5. 5.「野球投手の投球パフォーマンス“良い”ボールとは」早稲田大学スポーツ科学学術院 スポーツサイエンスセミナー,所沢,2017年12月

  6. 6.「手・指の高速動作を測る」第30回日本ハンドセラピィ学会学術集会,東京,2018年4月

  7. 7.「テクノロジーの活用はアマチュア野球選手の能力向上にどう生きるのか?」Sports Analytics Japan 2019,東京,2019年1月

  8. 8.「スポーツ動作の繊細な制御と発揮パフォーマンスを測る」有機エレクトロニクス材料研究会第233回研究会,東京,2019年2月

寄稿

  1. 1.永見智行2011,日本体育学会第62回大会傍聴記―バイオメカニクス関連を中心に.
    体育の科学,61(12):962-964.

  2. 2.永見智行,清水聖志人,2012, トップレスラーのタックル動作を学ぶ.ジュニアのためのレスリングブック 2012,20-21.

  3. 3.永見智行,樋口貴俊,彼末一之,野球投手の投球の質的評価―ボールの回転とパフォーマンスの関係.体育の科学. 63(1):47-51.2013